質屋用語集

質屋用語 ― 索引

  


質屋用語 ― 解説

  

受け出し(うけだし)

預けた品物を元金とその期間分の質料をお支払いいただきお持ち帰りすることです。
質受け(しちうけ)とも言う。
  


質預かり(しちあずかり)

お客様がお持ち頂いた品物を担保にお金をお借りいただくこと。
質入れともいう。
  


質草(しちぐさ)

質に入れる品物のこと。質物とも言う。
  


質流れ(しちながれ)

借りたお金の返済をしないまま流質期限を過ぎると、質物の所有権が質屋に移り品物は戻りません。
それと同時に返済の義務もなくなりますので取り立てもございません。
これを質流れといいます。
  


質札(しちふだ)

質契約の際にお客様にお渡しする証書です。
お客様のお名前、元金や質料の金額、流質期限などを記入してお渡しします。
品物を受け出しされる際は必ず必要となります。
再発行は出来ませんので、失くさないようにお願いします。
  


質料(しちりょう)

簡単に言いますと、質屋の利息のことです。
質料の場合は借りたお金の金利プラス品物の保管料が含まれます。
  


元金(もときん)

品物を担保にお借りいただいたた金額のことです。
  


流質期限(りゅうしちきげん)

預かり期間の最終日が流質期限です。この日を過ぎますと質流れとなります。
  





〒461-0003
名古屋市東区筒井二丁目4-28 (TEL)052-935-6414
AM10:00~PM7:30  定休日:日曜・26日