門井慶喜さんの「銀河鉄道の父」が直木賞

しちまる

ちょっと前のニュースになりますが、

直木賞に門井慶喜さんの「銀河鉄道の父」が選ばれました。

本の内容は、

賢治の生家は祖父の代から富裕な質屋であり、長男である彼は本来なら家を継ぐ立場だが、賢治は学問の道を進み、後には教師や技師として地元に貢献しながら、創作に情熱を注ぎ続けた。
 地元の名士であり、熱心な浄土真宗信者でもあった賢治の父・政次郎は、このユニークな息子をいかに育て上げたのか。
 父の信念とは異なる信仰への目覚めや最愛の妹トシとの死別など、決して長くはないが紆余曲折に満ちた宮沢賢治の生涯を、父・政次郎の視点から描く、気鋭作家の意欲作。(講談社より)

宮沢賢治の実家が質屋だったというのは

この受賞の時まで知りませんでした。

私と同じ立場だったと思うと少し宮沢賢治に親近感がわきます。

その後の人生は全然違いますが、

宮沢賢治も実家が自営業というのが嫌だったと聞きました。

私も実家が質屋であることは、

同級生のみんな知っていることなので、

小学・中学生時代は嫌でした。

サラリーマン家庭が標準とするなら

自営業はちょっと他人と違うという意味で嫌でした。

高校生になると近所の同級生はいないので

実家が質屋であることを同級生は知らないので

そういう嫌だった気持ちは自然と消えていきました。

そして大学生で一人暮らしをした時は、

実家の商品として店頭に並んでいる

中古のコンポやテレビを貰って

アパートに持ってきていたので、

逆に自営業の子でよかったと思うように変わってきました。

人間、立場変われば考え方も変わりますね。

大学卒業後は宝石の商社に約6年勤め、

実家の質屋を継いで

今日まで質屋業を頑張ってやっております。

今日は定休日ですのでゆる~く

私と宮沢賢治の共通点を探してみました。