質預かりの延長について

今日は質預かりの「預かり期間の延長」

について説明させていただきます。

質預かりの時に店頭で最初に説明させていただくのが、

「お預かりの期間は3か月です。

期限内に質料と元金をお支払いいただけば、

預けた品物がお客様のお手元に戻ってくるのが

質預かりのシステムです。」

とご説明させていただきます。

このように流質期限の3か月後までのお話をさせて頂きますが、

それ以降のことを分からないお客様もいらっしゃいます。

お客様によっては3か月しか預かれないと思っている方もいます。

確かに「質預かり期間は3ヶ月」と記載しています。

ただ、質預かりの3か月というのは

最初の区切りの3か月を言います。

もしも3か月以内に品物を受け出しするか

質流れにして品物を手放すか

まだ判断できない時には「延長」という選択肢もございます。

期限内に質料を入れて頂くことにより

4か月、5か月と期限を延長することが出来ます。

要は、

1か月分の質料をお支払いいただけば

1か月期限を延長できます。

2か月分ならば2か月の延長となります。

このような「延長」について説明不足でしたので

こちらで説明させていただきました。