質屋の暖簾(のれん)

質屋のイメージの一つに暖簾があります。

たまに時代劇を観ていると

江戸時代の質屋には暖簾が掛かっています。

ウィキペディアで調べると、

『暖簾(のれん)とは、
店先あるいは部屋の境界に日よけや目隠しなどのために
吊り下げる布のことである。
商店の入り口などに営業中を示すため掲げられ、
屋号・商号や家紋などが染め抜かれていることも多い。』

とあります。

質屋の暖簾の役割としては、

営業中であることのお知らせと、

中の様子が外から見えないように目隠しすることだと思います。

現在も暖簾を掛けている質店は意外と多く見られます。

今でも暖簾が質屋を連想させるアイテムになっているんですね。

漫画「七つ屋志のぶの宝石匣」に出てくる質店

「倉田屋」にもまだ暖簾が掛かっていましたね。

ただ、最近の質屋は質店舗に併設して

ブランド品や宝石などを販売する店舗が増えてきたために

暖簾を出さない質屋も増えてきました。

質まる-説明

最近では、質屋のゆるキャラ「しちまる」を

イメージとしたお店も増えています。

ちなみに名古屋市東区の質屋『質のヤマカワ』には

暖簾はありませんが、しちまる君はいます。

併設の販売店舗もあり、

お買い得品・掘出し物もいっぱいあります。

是非一度ご来店ください。

質まる-あいさつ