刻印のない金

金買取の名古屋東区の質屋《質のヤマカワ》が買取した金
先日、金製品の買取をさせて頂きました。

その中に刻印が消えていて金しょう不明の指輪がありました。

そういう場合は、

比重を計ってその金が何金なのかを判定します。

比重計とは、その物質の比重値を計算する機械です。

プラチナや金は比重値が高い為、

比重値を計ることによって金の含有量が分かり

何金なのかが分かります。

ただ、この比重計を使って何金かを決める方法は、

金やプラチナの比重値が高いので出来る方法で、

金・プラチナ以外にもタングステンのように

比重が高い物質も存在するので、

金の見た目も判定材料になります。

本当は、一番簡単に分析する方法は、

X線分析機にかけるのが一番速くて正確なのですが、

機械が高額なために当店には置いてありません。

それでも、刻印が消えかかっていても

頑張って買取させて頂きます。