価格が高騰するブランド(ルイ・ヴィトン編)

モノには流行があります。

そして、その流行したモノがもう生産されていない商品だと

市場流通相場が高騰します。

そんな商品はごく稀なのですが、今回はそんな希少商品の紹介です。

それは、

「ルイ・ヴィトン」×「村上隆」コラボ商品の

ジュエリーボックス M92477 です。

ルイ・ヴィトン 村上隆 M92477

これは、発売当時、限定200個だけ生産されたモデルです。

国内定価も約30万円とちょっとお高めでした。

そのため、それほど人気もなく

中古で古物市場のオークションに出ても

定価の半値くらいで落札されていたと記憶しています。

しかし、現在は流通する在庫数が少ない為に

中古相場も高騰しています。

今、楽天で出ているのは1点だけで、

その販売価格は、プレミア価格の162万円(税込)の値段がついています。

ということは、

程度の良いものなら買取価格も100万円を超えそうです。

定価30万円が100万円とは凄いですね。

このように希少性から価格が高騰するのは

ごくまれなことですがたまにあるんですね。

先日の七つ屋ブログ

価格が高騰するブランド(シャネル編)」でもありました。

押し入れで眠っている人は、売却を考えても良いかと思います。

ルイ・ヴィトンでは今までにもコラボ商品は数多く出しています。

中にはプレミア商品もあります。

それについては後日お話します。