オーデマ・ピゲ

ロイヤルオーク 

先日の七つ屋ブログ「世界三大高級時計」のお話をしましたが、

今日はその一つであるオーデマ・ピゲのお話をさせて頂きます。

オーデマ・ピゲは1875年創業のスイスの高級時計メーカーです。

オーデマ・ピゲもパテック・フィリップ同様、

創業以来製造したすべての時計の修理を保証している

数少ない時計メーカーのひとつです。

ミニッツリピーターやトゥールビヨンやムーンフェイズなど

複雑な機構を備えた時計を得意とするメーカーです。

中でも、一番人気があるのが「ロイヤルオーク」です。

「ロイヤルオーク」は1972年に発売されて以来今も販売されているモデルです。

世界で初めて素材にステンレススティールを採用した高級時計で、

八角形ベゼルやベゼルを固定するネジをむき出しにしたデザインなどの

個性的なデザインで人気となりました。

「ローヤルオーク」は「エクストラシン」「オフショア」

「デュアルタイム」「ダイバー」「ジャンボ」など、

多くのシリーズを展開しています。

オーデマ ピゲ ロイヤル オーク

その中でも、「ロイヤル オーク オフショア」は人気が高く、

1993年に42㎜の大型ケースで防水機能を向上させて登場して以来

一番人気のモデルです。

パテックフィリップの場合は、

どのモデルも中古相場は高値を維持していて、

モデル間格差はあまりありませんが、

オーデマ・ピゲの場合は、モデルによって中古相場に格差が出ています。

オーデマ・ピゲでは、スポーツモデルのオフショアが安定して高値を維持しています。