ダイヤモンドは「永遠の輝き」なのか?

合成ダイヤモンド

先日のブログでデビアスが人工ダイヤモンドを

販売する子会社を設立したという話をしました。

今日はそんな人工ダイヤが市場に与える影響についてのお話です。

現段階では、人工ダイヤと天然ダイヤの見分けをすることは出来ません。
(簡易の判定器はありますが、これも100%ではありません)

その為、天然か人工かを判別するには

鑑別機関に出して判別してもらうしか方法がありません。

当然、鑑別機関に依頼すれば料金が発生します。

メレダイヤ

となると、大きな石でないと採算がとれない為

メレダイヤの様な小さなダイヤは

1個1個鑑別に出すことが出来ません。

そうするとどういう現象が起こるかというと、

天然のメレーダイヤの相場が下がってきます。

現に市場では、

天然メレダイヤと人工メレダイヤとの判別が出来ない為の

相場の下落が始まっています。

将来的には判別機の精度も上がり、

さらに低価格になればまた相場も戻ってくると思いますが、

当分は天然のメレーも相場は安くなっているので

メレダイヤを使用したジュエリーを買取に出す時は注意が必要です。

「ダイヤモンドは永遠の輝き」と

1990年代にこの言葉をキャッチコピーとして

ダイヤモンドの希少価値を定着させたのがデ・ビアス社です。

それが現在のデ・ビアス社では人工ダイヤの販売をしています。

「ダイヤモンドは永遠の輝き」なんて言葉が定着しましたが、

相場が下落するとそのダイヤモンドの輝きもくすんできそうです。