実は最初はそうじゃなかったこと

「実は最初はそうじゃなかったこと」というのが

今SNSで流行っているというのをテレビでやっていました。

例えば、

「最初は、黒ひげ危機一発を飛ばした人が勝ちだった」

なんてのがあります。

昔と今ではルールが真逆になってしまった例です。

質屋でも「実は最初はそうじゃなかったこと」があるのではと考えました。

昔の質屋
質屋が出来たのは、700年以上前の鎌倉時代だと言われています。

ただ、鎌倉時代の資料があまりないので

こちらでは江戸時代を最初とさせて頂きます。

江戸時代の質草(取扱品目)はなんだったのだろうか?

江戸時代の質草は主に、

古着(着物)・反物・大工道具類・鍋等の

生活必需品が多かったそうです。

現在の質屋の質草で多いのは、

ブランドバッグ・宝石・貴金属・時計です。

江戸時代は生活必需品が主でしたが、

現在は嗜好品が主流と質草も変わりました。

質草以外にも何か違いがないかを本などを見て調べてみました。

そうすると、質草以外にも違いがありました。

それは流質期限です。

現在の流質期限は3ヶ月ですが、

江戸時代には、10ヶ月と6ヶ月の2種類があったそうです。

現在の流質期限は3ヶ月ですが、期限の延長も可能です。

しかし江戸時代は

期限の延長が出来たかどうかが

今回調べただけでは分かりませんでした。

今回の結果では、黒ひげの様な真逆な事にはなりませんでしたが、

質屋にも最初と現代では違っている部分は他にもありそうです。