実は質屋じゃないんです。

しちまる

昨日のブログで「実は最初はそうじゃなかったこと」

をお話しましたが、

今日は実はシリーズ第2弾をします。

初対面の人と会って職業を聞かれた時に

「質屋です。」と答えると

きょとんとされることが多々あります。

そういう時に

「質屋と言う職業を知らない人って多いんだな。」と実感します。

そこで、

「ブランドバッグや宝石などを質預かりしたり

買取したりするんだよ。」と説明すると、

一番多いリアクションは

「ああ、コメ兵と同じね。」と言われることです。

コメ兵

ブランドバッグや宝石や時計を買取するのは同じですが、

コメ兵さんは質預かりはしていません。

つまり、コメ兵さんは質屋ではないんですね。

コメ兵さんは本社が名古屋ということもあり、

名古屋人にとっては最も耳にするリサイクル業なんですね。

名古屋では40年前くらいから

「いらんものはコメ兵へ売ろう!」というフレーズで

CMをしていたので、名古屋人にとっては

「要らない物を売る時はコメ兵」

というのが定着しているのだと思います。

質屋も最近ではお金を借りる所というよりは

ブランド物を買取する場所というイメージが強くなってきたので

「質屋」と「コメ兵」がごっちゃになってしまうのだと思います。

「質屋」=「リサイクル」

「リサイクル」=「コメ兵」

という図式が成り立っているのでしょう。

コメ兵さんは質屋ではないのですが、

愛知県では、昔から質屋とのつながりは多いんです。

質草として着物が主力商品だった昭和の時代には、

多くの質屋さんでは質流れになった着物を

コメ兵さんに買っていただいていました。

現在も直接取引をしたり

コメ兵さん主催のオークションに参加するなど

愛知県の質屋さんとは未だに繋がりが深いんですね。

だからと言ってコメ兵は質屋ではないんです。