質屋が買取店に負けない理由

買取店

 

先日のテレビ番組で

某フランチャイズの買取店の裏側みたいな特集をしていました。

そのお店は東京の一等地の駅前でわずか2坪に店舗を構えて営業しています。

その2坪の一部分も2階の他店につながる通路になっている為、

そこを通って2階へ行く人がいる

という小さなスペースで営業していました。

そんな小さなお店で粗利が月に450万円と

今時珍しく儲かっているお店でした。

その看板のお店はほとんどがフランチャイズ店で、

わずか10年余りで420店舗まで増えているそうです。

なぜここまで店舗数が増えたかというと、

小さなスペースで買取をする為、

家賃も安く、内装工事費もあまり掛からないので出展費用が少なく済みます。

そして、研修期間はわずか10日間。

写真を撮ってそれを本部に送って値段を出すシステムなので

習得が大変な鑑定の研修は無く、

写真を綺麗に撮れるスキルがあればすべて本部で値段が出るので

研修期間も短くすぐに出店できるそうです。

出店後も担当アドバイザーがなんにでも答えてくれるので

安心して営業が出来るというのが

急激に店舗数を伸ばした要因のようです。

これを見ると、我々質屋とは真逆のようです。

質屋の場合、通常他の質店で3~4年修行して、

いろいろなモノの真贋や鑑定スキルを学んでから自分のお店で働きます。

お店の広さも2坪で経営している質屋さんはありません。

買取専門店と質屋の特性は全く違っていることに驚きました。

ただ、見習う部分もたくさんあります。

これからAI技術も進化していけば、

AIを使った真贋判定等も使いこなしていかなければいけません。

質屋同士の情報の共有もこれからもっと大事になっていくと思います。

ライバル業種に負けないように

いろいろな事を学んで質屋も成長していかなければいけませんね。

現在でも負けていない部分はたくさんありました。

1.お客様が安心して商談できるスペース

質のヤマカワでは商談スペースが個室になっています。

他のお客様に商談を見られることもなくゆったりと安心して商談できます。

2.高額査定

テレビで観た分では査定金額が少し低く感じました。

当店では、鑑定スキルもいろいろなデータも持っていますので

その日の目いっぱいの高額査定が出来ます。

3.丁寧な接客

本部からの値段をお客様に伝えるだけではなく、

その査定金額に至った経緯などもご説明させていただき、

お客様にご納得頂けるようにしております。

お客様の想いも査定金額に反映できるように努めております。

以前のブログでも書きましたが、

おもてなしの精神でお客様との対話を大事にしたいと思います。

おもてなし 質屋