インゴットを売却する時の注意点

金インゴット

先日、純金インゴットの買取のお問い合わせを頂きました。

純金インゴットやプラチナインゴットを

ご売却される時の注意点をご紹介しようと思います。

それは、

「一度に200万円を超える金地金・プラチナ地金を

売却する時には支払調書が必要」ということです。

支払調書

支払調書とは、

所得税法等で定められている、

給与や退職手当、報酬、料金又は、不動産の使用料等の支払者が、

その支払の明細を記入して税務署に提出を

義務付けられている書類のことです。

2012年から金・プラチナを売却する時には

税務署に提出する支払調書が必要となりました。

なぜこの支払調書が必要になったのでしょうか?

それは、

2011年ごろから金・プラチナ相場が上昇してきました。

安い時に買ってあった金・プラチナの地金を売却して

利益を得る人が増えてきました。

そのような時に、

税務調査において、金・プラチナ地金の

譲渡所得の申告漏れが多数把握されたことから、

金地金やプラチナ地金の譲渡による所得を

税務当局が把握できる制度を整備するために

200万円以上の取引には支払調書の提出が必要になった訳です。

そして、2016年1月からは、

支払調書とともにマイナンバーも必要となりました。

その為、どこの質屋でもどこの買取店でも

「お客様が一度の取引で200万円を超える

金地金プラチナ地金をご売却された時には支払調書が必要です。」

支払調書にはお客様の 住所、氏名、金地金等の種類、

重量、数量、支払確定年月日 が記載されます。

対象となる品目は、

「金地金」「プラチナ地金」「金貨」「プラチナ貨」です。

これら以外は支払調書提出の対象品目とはなりません。