買取が高い訳

疑問 買取と質預かりではなぜ査定金額に違いがあるのか?

質屋をご利用いただく場合、

「質預かり」のご利用か

「買取」のご利用か選ぶことが出来ます。

一般的に「買取」の方が「質預かり」よりも査定金額が高くなります。

なぜ同じ品物で査定金額は変わるのでしょうか?

それは、質屋に品物の所有権が移る日が違うことに理由があります。

「買取」はその日に決済します。

買取された商品は

その日に質屋がその品物を売却できます。

しかし、「質預かり」は最短でも3か月後の決済になります。

3か月後に質流れとなっている品物は、

質屋がそれを売却することが出来ます。

流質期限が延長されれば

さらにその先になることもあります。

つまり、3か月後のその品物の相場が

いくらくらいになっているのかの予想がつかない為に

「買取」よりも少し値段を下げた査定金額になってしまうのです。

品物の種類にもよりますが、1割程度は買取の方が高くなります。

ただし、品物によっては

「買取」と「質預かり」の金額が同額になる物もございます。

詳しくは店頭でお問い合わせください。

 

ご不用になった物は「買取」を

まだ使いたいけど急な入用の場合は「質預かり」を

ご利用ください。