「質預かり」と「買取」の違い

先日、買取が高い訳を書きましたが、

今日は、「質預かり」と「買取」の違いについて説明させて頂きます。

質預かり

質預かりの場合、

3カ月の預かり期間があり、

その間に預けた品物を受け出すか質流れにするかを決めることができます。

期限内に質料と元金をお支払いいただけば、

預けた品物がお客様の手元に戻ってきます。

もし借りたお金の返済が不可能になった時は

預けた品物を手放せば

貸付金の返済義務はなくなります。

一方、

買取査定

買取の場合、

買取金額に納得したら

その場で買取成約し、

一度手放した品物はお手元に戻りません。

質預かりと違い、売却するかやめるかを

その日に決めなければいけませんが、

その分査定金額は預かりより高い場合が多いです。

このように買取は

お客様が必要なくなった品物を高価買取し、

その場で即現金にてお支払いするシステムです。

もう使わないなと思ったら買取、

まだ使うけど当面の資金調達には

質預かりをご利用いただければと思います。

いずれにしても査定は無料ですので

売ろうかどうか悩んでいる方は

お気軽にご利用ください。