絵画の出品

絵画

先日、古物の市場で絵画の出品がありました。

私が参加している古物の市場では、

ブランドバッグと宝石・貴金属、腕時計が多く出品されます。

そんな市場に珍しく絵画の出品がありました。

絵画と言っても、ウン千万円もするようなものではなく、

シルクスクリーンですのでそんなに高額なものではありません。

それでも、購入金額は10万円以上はしていたと思います。

20年くらい前に絵画商法がまかり通る時代がありましたよね。

若い女性に声を掛けられてついて行くと、

絵画の展示会場で、買うまで帰してもらえないという商法がありました。

こういった絵画商法で法外な値段で売りつけられた絵が、

たまに市場にも出品されるんですね。

そんな絵画の落札価格は

購入金額の十分の一以下の値段になっています。

絵画はかさばりますし、

飾る時には日焼けにも注意しなければいけません。

本当に絵が好きではないと、購入しても

売る時に二束三文になってしまうので

なかなか難しい資産になります。

2面喜平

やはり、資産的価値で考えるのであれば、

金やプラチナの喜平のネックレスやブレスレットが

一番いいように思います。

相場の安い時に購入した物であれば、

売却する時に購入金額以上で売却できることもあるので

値崩れしにくい品物になります。

あくまでも個人的な意見になりますが・・・