想いであずかり処

にじや質店

今日はゴールデンウィーク中につき、

仕事話はなく本の紹介です。

ポプラ文庫発行の

「想いであずかり処 にじや質店」片島麦子著です。

”満月の夜だけ開店する「にじや質店」。

そこはある条件を満たせば、

お金を貸してくれる代わりに

「願いを一つだけ叶えてくれる」質屋だという。

そんな不思議なお店で働くことになった

女の子・いろはと、

どうしても叶えたい願いを抱えるお客たちが織りなす、

優しく温かい物語。”

現実にはありませんが、ほっこりする質屋さんですね。

以前の七つ屋ブログで、

質屋の歴史において

質屋を「七つ屋」と呼んでいた時代もあった

ということを書きました。

ウィキペディアからの抜粋で、

”庶民の間の一般的な金融であった当時、

質屋通いが世間体が悪いとの思いから、

「質」と「七」(しち)を掛けた

「七つ屋」「セブン屋」「セブン銀行」

「一六(いちろく)銀行」などの隠語が用いられた。”

とあります。

今回のにじや質店にも隠語が隠れています。

にじやの「にじ」は漢字で「虹」

虹は七色です。

ということは「七(しち)」です。

「にじや」→「しちや」という隠語なんですね。

オシャレですね。

ちなみにまだ本は読んでいませんが、

近いうちに読もうと思います。