スマホ決済と質屋

電子マネー

最近、実店舗での購入決済で増えてきた支払方法に

キャッシュバックで最近話題の

「PayPay」や「LINE Pay」などの

スマホ決済があります。

ペイペイ

徐々にキャッシュレス化が進んでいますが、

日本は昔から現金主義の国と言われています。

現金で支払えば、

いくら使ったか分かりますが、

電子マネーでは

いくら使ったか分からない不安が残ります。

そんな理由からキャッシュレス化が進まないのが現状でした。

しかし、政府もキャッシュレス化の推進に乗り出していて、

今年の増税後のキャッシュレス決済では

5%還元するという施策も考えられています。

現金主義の日本文化にも

キャッシュレスの波は押し寄せて来そうです。

そんな世の中のキャッシュレスの流れが

どのように質屋に影響してくるのでしょうか?

現段階ではまだ質屋のキャッシュレス化はありません。

現在のキャッシュレスのシステムはというと

お客様が品物を購入し

店側に電子マネーを支払うシステムになります。

つまり、お金の流れとしては

《お客様》→《お店側》

質屋業務である「お預かり」は

「モノを担保に現金をご用立て」することです。

お金の流れとしては

《お店側》→《お客様》

となります。

ということは、

「販売」と「質預かり」とは

お金の方向が逆の流れになります。

お金の方向が違うだけでシステムは全く違います。

質屋でキャッシュレス化を進めるには

新しい専用システムが必要となります。

システム的にはもう少し

キャッシュレス化には時間が掛かりそうです。