年金と質屋

年金不足

最近のニュースで一番の心配事と言えば、

年金以外の老後資金として

二千万円必要と言うニュースですよね。

このニュースを観る前から我々アラフィフ世代は、

年金の受給額が減るだろうなという予測はしていましたが、

こうして2千万円という数字を見せられると愕然としますね。

年金額21万円というのも

厚生年金を受け取るモデルケースになっていますが、

国民年金の自営業者だともっと少なくなります。

ということは、自営業者の場合は

老後資金に2千万円以上が必要ということになりますよね。

老後生活にとって年金というシステムは

素晴らしいはずなのに

ちょっと暗い気持ちになるのは

今の日本の現状なのでしょう。

年金

実は、年金と質屋には少し関係があります。

質屋をご利用のご高齢の方は、

年金受給日までのつなぎとして

質屋を利用して頂く方がいらっしゃいます。

「今月は医療費がいつもより掛かっちゃって」や

「今月は孫が来たのでお小遣いをあげ過ぎちゃって」

など理由は様々ですが、

そういった時に便利に質屋をご利用いただいています。

その為、年金受給日には品物を受け出すお客様が増えます。

年金受給日は偶数月の15日です。

今月は15日が土曜日ですので

受給日は14日(金)になります。

昨日、質屋の友人数人と会いましたが、

みんな14日は忙しかったそうです。

質屋と年金はこんなところでも関係があったんですね。

このように短期のご融資で

質屋をご利用してみてはいかがでしょうか?

 

ご不用になった物は「買取」を

まだ使いたいけど急な入用の場合は「質預かり」を

ご利用ください。