「好き」の反対語は?

先週の7月8日は質屋の日でしたが、

一般的な質屋のイメージというのはまだまだ低いようです。

比較

「好き」の反対語は「嫌い」なのか「無関心」なのか

と言う論争をよく聞きます。

当然、国語的には「嫌い」が正解ですよね。

「好き」と「嫌い」は同じ土俵で、

ベクトルが反対方向を向いています。

一方、「無関心」と言うのは、

同じ土俵にも上がっていないイメージです。

個人的には「無関心」の方が重傷なイメージです。

なぜこんな話をするかと言うと、

2015年に大阪質屋協同組合が、

市民アンケートを実施した結果が気になる結果だったんです。

質屋の印象を尋ねたところ、

「暗くて入りにくい」「古くさくイメージが悪い」

などのマイナスイメージの意見も多く見られました。

また「急にお金が必要なとき、質屋を利用したいか?」

との問いには、90%がNOと答えています。

それよりもショックなのは、

「質屋でお金を借りられる」ことを知らない

と答えた人が44%もいた事です。

これは、「好き」の反対語は「嫌い」なのか「無関心」なのか?

と聞くまでもなく、

「嫌い」と「無関心」のダブルパンチという結果と言えます。

この結果に質屋業界も黙っている訳ではありません。

全国の質屋さんが加盟している

全国質屋組合連合会(全質連)が、

「7月8日は質屋の日」や

おもてなし 質屋

質屋キャラクター「しちまるくん」を使って

PR活動やキャンペーンをやっています。

全質連のPR活動だけでは限りがありますので、

個々の質屋さんで個別にPR活動をしていくことも重要だと思います。

名古屋市東区の質屋 質のヤマカワ 店長似顔絵

そこで、微力ながら質のヤマカワでも

「質屋の便利な利用法」や「暗くて入り難いイメージの払拭」

などPRしていこうと思います。

ここからは質のヤマカワの宣伝になってしまいますが、

質屋の印象で一番多い「「暗くて入りにくい」

というのが質のヤマカワではちょっと違います。

当店は併設の販売店舗があり、

質屋の入り口からは抵抗があって入りにくい

というお客様の為に

販売店舗から入店して頂ける造りになっています。

ウィンドウショッピング感覚でご来店頂くことが出来ます。

そして、買取・質預かりブースは個室になっていて、

一組様ずつ対応をさせて頂きますので

他のお客様と同時に対応させていただくこともありません。

お気軽にご来店して頂ければと思います。

ご不用になった物は「買取」を

まだ使いたいけど急な入用の場合は「質預かり」を

ご利用ください。