意外なことでクレームに

金ネックレス

7月24日のソフトバンク×ロッテ戦で

異例のクレームがありました。

それは9回に抑えとして登場した

ソフトバンクの森投手に

バッターのロッテの角中選手からのものでした。

初球の球を投げた時点で、

角中選手から球審に対して、

“クレーム”を言っている様子でした。

クレームの内容は、

森投手が首にかけていた

金のネックレスが気になったようで、

球審から外すように求められました。

写真でも分かるように普通の太さより

数段太い金のネックレスですね。

K18 6面ダブル喜平

普通の男性が身に着けるのは

100グラム程度の18金の喜平ネックレスです。

おそらく、写真で見た感じだと

3倍の300グラムくらいありそうです。

今、金相場は高騰中ですので

販売価格は150万円は下らないと思います。

約30年前のパリーグの選手の三種の神器と言えば、

「金のネックレス」・「セカンドバッグ」・「パンチパーマ」でした。

今では考えられないパンチパーマの時代には

金のネックレスをしている選手が当たり前でした。

しかし、現在は、金のネックレスをするのは

ちょっと恥ずかしいという時代になりました。

そんな時代に300グラム越えのネックレスは

インパクトがありますよね。

ただ、それがクレームになってしまっては

金の輝きもくすんでしまいますね。