フィリピン人と日本人の質草の違い

疑問

昨日は「フィリピンの質屋事情」の話をしました。

今日は、日本人とフィリピン人の質草の違いをお話します。

あくまでも当店の傾向であって

すべてに当てはまる訳ではないのでご了承ください。

まず、質草というのは、

融資の際に担保としてお店に預ける品物のことを言います。

フィリピン人の場合、圧倒的多い質草は、金製品です。

金のネックレスや金のブレスレットなどが

男女問わず多いです。

フィリピンでは、ジュエリーは

装飾品であるとともに資産でもあります。

現金が足りない時には金製品を

質に入れたり売ったりして資金調達します。

その為、フィリピン人のお客様は

金製品をお持ち頂くことが多いです。

世界で通用するのはプラチナよりも金なんですね。

一方、日本人女性はプラチナを好みます。

地金製品よりもダイヤや色石の入ったジュエリーが多いです。

日本人の肌の色に合うことと

ダイヤモンドの透明感をより引き立たせるのが

プラチナであることなどの理由からプラチナを好むようです。

現在の金・プラチナ相場は、

金の方がプラチナよりも約2千円高値ですから

金を持っていた方が資産価値は高いということになります。

金 プラチナ

ご不用になった物は「買取」を

まだ使いたいけど急な入用の場合は「質預かり」を

ご利用ください。