伸び悩むプラチナ

プラチナ
Let’s Goldさんの2019/9/5 から2019/ 10/18の

国内金相場のグラフを参考にみさせていただきます。

プラチナ相場 1か月

約1か月間の高値が 3,584円(9/5)、

安値が 3,288円(10/7)。

その差が296円ですから

1か月で約300円下落しています。

9月は調子よく上昇していましたが、

10月に入ってから低迷しています。

金相場が5,500円を超えて推移しているのと比べると

もう少し上昇しても良さそうな気がします。

フォルクスワーゲンも10月からの新車に
ディーゼル車を主力にしていますし、
マツダのディーゼルも人気があります。

ディーゼル車の販売が復調してくれば、

触媒で使われるプラチナの需要も

今後伸びてくるかもしれません。

ただ、そういう単純な話でもないのが相場ですので

今後の動向を見守りましょう。

ご不用になった物は「買取」を

まだ使いたいけど急な入用の場合は「質預かり」を

ご利用ください。