質預かりは英語でなんて言うの?

英語

「借金」を英語で言うと

「loan(ローン)」と言います。

「 debt(デット)」と言う場合もありますが、

金融機関や個人の貸し手などからの借入をする時は

「loan(ローン)」と言います。

ローン

日本でも「ローン」はよく使う言葉です。

サラリーローンやカードローンなど

借金の時に使います。

「借金」と言うとイメージが悪くなります。

『返済できなかったらどうしよう。』や

『取り立てが恐そう。』など

マイナスのイメージが出てしまうので

貸金業者が「キャッシング」や「ローン」と言う言葉に換えて

利用しやすくしています。

それでは、質屋の「質預かり」は英語で何というのでしょうか?

お恥ずかしながら私も知らなかったので調べてみました。

「質屋」を英語で「Pawn Shop(ポーンショップ)」

と言うのは、皆さん知っていると思います。

答えを先に言いますと、

質預り」は英語で「pawn(ポーン)」と言います。

そうです。

「Pawn Shop(ポーンショップ)」の

「shop」を外せばいいだけでした。

失礼しました。

「loan(ローン)」=「借金」

「pawn(ポーン)」=「質預り」

ちょっと発音が似てますね。

実は、質屋も質預りを利用する顧客の数が減っています。

質屋のちょっと暗いイメージや

若者には質屋自体を認知されていないのが原因です。

質屋も客数減少を止めるために

イメージアップが必要なんです。

そこで質屋の「質預かり」をより身近に感じて頂くように

「質預かり」のことを「ポーンキャッシング

と言うのはどうでしょうか?

言葉の響きも明るいですし、身近な感じがします。

モノ 現金 預かり

質預かり

「質物(お客様のモノ)」と「現金」を交換するイメージです。

「pawn(ポーン)」の意味には「質預り」以外に「質物」もあります。

「現金」は英語で「cash」ですから

「pawn(ポーン)」と「cash(キャッシュ)」で「ポーンキャッシング」!

ポーンキャッシング」で

少しでも質屋が身近に感じて頂ければと思います。

質のヤマカワでは、さらに身近に感じて頂けるように

販売店からご入店いただけます。

接客ブースは個室になっていますので

プライバシーも守られて安心の質屋です。

 

ご不用になった物は「買取」を

まだ使いたいけど急な入用の場合は「質預かり」を

ご利用ください。