「まだ結婚できない男」と質屋の現状

まだ結婚できない男

昨日、録画しておいた「まだ結婚できない男」の第3話を

観ようと思ったらハードディスクの残量がゼロになった為、

ちゃんと録れておらず残念な思いをしました。

2006年に放送された「結婚できない男」も面白かったのですが、

今回は、阿部寛さん演じる主人公の桑野信介の

キャラクターがより個性的で面白いですね。

現実の結婚についてのデータをみると、

50歳までに一度も結婚しない人の割合を表す「生涯未婚率」では、

男性が23.4%、女性が14.1%という結果になっています。

(2015年データ)

確かに私の友達も結婚していない友達もいます。

私の50代親類に関して言えば、

「生涯未婚率」は約40%になってしまいます。

結婚しない人がこれだけ増えれば、少子化が進むのも仕方ないですね。

主な結婚しない理由としては、
1.出会いがないから
2.結婚したくないから
3.経済的事情
4.仕事が忙しい
5.家庭の事情
6.プライベートが忙しいから
7.まだ早いと思っているから

上の答え以外に

「特にない・わからない」という回答が約20%ありました。

分からないけど気が付いたら50歳になっていたということです。

これって質屋の印象を尋ねたアンケート結果と似ているんです。

しちまる

2015年に大阪質屋協同組合が、

市民アンケートで、

質屋の印象を尋ねたところ、

「暗くて入りにくい」「古くさくイメージが悪い」

などのマイナスイメージの意見も多く見られました。

また「急にお金が必要なとき、質屋を利用したいか?」

との問いには、90%がNOと答えています。

そしてこれら以外に、

「質屋でお金を借りられる」ことを知らない

と答えた人が44%もいました。

人間って、知らない事や興味の無いことには

行動を起こさない動物のようです。

質屋も質のシステムの宣伝や認知度を上げる努力をしていかないと

忘れ去られた産業になってしまいますので

今後もブログや宣伝で

質屋のことを宣伝していきますのでよろしくお願いします。

ご不用になった物は「買取」を、

まだ使いたいけど急な入用の場合は「質預かり」を

ご利用ください。