捨てる人VS捨てられない人

ゴミ

先日の「さんま御殿」で『捨てる人VS捨てられない人』

というテーマの放送がありました。

私は、捨てる派捨てない派どちらの意見も共感できますが、

気象予報士の小林さんには共感できませんでした。

独特の思考と価値観をお持ちなのか

共演者の人達も理解不能という感じでした。

それでもそれを面白話にしてしまうさんまさんは凄いですね。

最近「ミニマリスト」という言葉をよく聞きます。

ミニマリスト

ミニマリストとは、持ち物をできるだけ減らし、必要最小限の物だけで暮らす人のことです。

自分にとって本当に必要な物だけを持つことでかえって豊かに生きられるという考え方で、

大量生産・大量消費の現代社会において、

新しく生まれたライフスタイルになっています。

「最小限の」という意味のミニマル(minimal)から派生した造語となっています。

先ほど話に出た気象予報士の小林さんの場合は

布団もなくしてダウンジャケットで寝ているそうですが、

そこまで極端な生活でなくても

不要な物を捨てるというのは大事かもしれませんね。

ただ、何でもかんでも捨てるというのはどうでしょうか?

最近は資源を無駄にしないリサイクルの精神が見直されてきています。

自分にとって不要な物も他の人にとっては有益な物たくさんあります。

もしかしたら売れるものもあるかもしれません。

捨てる前にお近くの質屋さんで買取の査定をしてもらってください。

意外なお宝が眠っている場合もあります。

アクセサリー

名古屋市近郊にお住まいの方は

是非質のヤマカワをご利用ください。

1点ずつ丁寧に査定させて頂きます。

バッグの場合、20年以上前の商品で

内側がべたべたになってしまっていると

「もう売れないから捨てよう」と考える人もいますが、

ルイ・ヴィトンやシャネルだと内側がべたべたになっていても

買取でお値段が付きます。
シャネルのベタ

 

ご不用になった物は「買取」を

まだ使いたいけど急な入用の場合は「質預かり」を

ご利用ください。