「遺品整理士 」か「遺品査定士 」か「ファイナンシャルプランナー」か?

資格

先日、ファイナンシャルプランナーの資格を取ろうと思い勉強を始めたという話をしました。

2020年は資格に挑戦 質屋の店主がファイナンシャルプランナー」参照

その時に、「終活プランナー」や「遺品整理士 」の資格とどれにしようか悩んで、

ファイナンシャルプランナーにしました。

しかし、最近ご利用していただくお客様の中に

「終活のために買取を利用した。」や

「遺品整理がしたくて買取を利用した。」

というお客様が多いんですよね。

そう考えると、「遺品整理士 」に挑戦するのも良いのではないかと思うようになりました。

ファイナンシャルプランナーの勉強は継続しつつ、「遺品整理士 」も挑戦します。

そこで、「遺品整理士 」を調べてみたら「遺品整理士 」と「遺品査定士 」の2種類がありました。

どちらの資格も一般社団法人 遺品整理士認定協会が発行する資格です。

そこに「遺品整理士 」と「遺品査定士 」の違いの記載があったので掲載します。

「遺品整理士 」と「遺品査定士 」の違い

遺品整理士とは

遺品整理士は、

遺品整理に関わる、様々な関係先と連携を結びながら、

不法投棄などの遺品整理を通した不正を防止し、

ご遺族が安心して、遺品整理を行うご遺族を支援する、

遺品整理に特化した専門家です。

遺品査定士とは

遺品査定士は、

遺品の買取に関わる様々なジャンルの

鑑定士とも関係を結びながら、

ご遺族が安心して、遺品を繋ぐことへの支援を行う、

遺品の査定と買取に特化した専門家です。

遺品整理の知識だけではなく、

遺品査定と買取についての独特のノウハウと専門知識、

法令に関する理解を兼ね揃えた専門家です。

一般社団法人 遺品整理士認定協会 HPより

この説明を観ると質屋の店主に向いているのは「遺品査定士」ですね。

「遺品査定士」は、ご遺族に寄り添い、適正な説明と査定・買取を行います。

質屋はモノを鑑定し、査定するプロです。

遺品査定士は、ご遺族に寄り添うプロです。

「質屋」と「遺品査定士」のコラボが実現して、

お客様の想いと共に大事な遺品を買取出来たら素敵ですよね。

遺品整理をする前にご来店いただけたら、

失敗しない遺品整理のアドバイスもできるかもしれません。

ファイナンシャルプランナーと並行して遺品査定士の勉強しようと思います。