資産運用は一度に買わずにコツコツと

プラチナ

先日、友人と世間話をした時に、「今はプラチナが安いからプラチナを買おうかな?」と冗談っぽく友人が言いました。

その当時は、まだ2月の後半でプラチナ相場が約¥3,500/gの時でした。

確かにかなりの安値ですから購入して相場が上がるまで数年じーっと待つのも一つの方法です。

ただ、購入後にさらに下落する場合もあります。

今回のプラチナ大幅下落のように底の見えない下落になった時に

怖くなって損して売却なんてこともあります。

ある程度長期間、資産としてのプラチナを購入するのであれば、

「毎月コツコツと積み立てた方がリスク分散で損をするリスクも減るよ」

とアドバイスしました。

実はちょうどその時にファイナンシャルプランナーの勉強中で、

ドルコスト平均法の勉強をしたばっかりだったんです。

そんな時に資産運用の話を友達がしたので、

ついつい偉そうに説明してしまいました。

あれから2か月経った現在、

新型コロナウィルス感染拡大で、いつ試験を受けられるか分からないのを理由に勉強を休業中です。

 

(ドルコスト平均法とは、株や投資信託などを買うときに、定期的に一定金額分を買っていく方法です。高値の時は少ししか買わず、安値の時に多く買うことができるので、 平均取得単価を下げるメリットがあります。)